偽りを見抜くのにはタイミングがあり

0-33

カードローン会社が行う審査は厳しく厳重に行われるものであり、その工程でいくつかの嘘を見抜くタイミングがあります。

申込書に書いてある会社に本当に勤務をしているかどうか、在籍確認の電話をするのもその一つであり、お金を借りるのに本人の確認が取れなければアウトです。本人が電話に出ない事が問題ではなく、本人がその会社では勤務をしていない事実がいけません。

過去に勤務をしていた場合であっても、在籍確認をした時にすでに退職をしていたら、申込書に書くときに、すでに過去のものですから勤務先に書くことはできません。借り入れ申し込みの時にはあらゆる書類を提出しますが、収入証明書を確認するときにも、身分証明書の確認際にも、申込書と違う部分があればすぐにばれます。

どの金融機関でも必ず行う、信用情報機関のデータとの照合は、致命的になることもありますので要注意です。金融側が申し込み者の偽りを見抜くのは、大体このパターンの中のどれかであり、本人が完全に隠したつもりでも、おもしろいくらいに金融機関には情報が筒抜けですから油断はできません。

金融機関側はお金を貸すことを仕事とはしているものの、貸したお金を確実に返済できる人物ではなければ、安易にお金を貸すことはできないです。申込書を書く時点ですでに偽りだらけで申告をしている人を、金融機関が大きな心で受け止めて、お金を貸し出してくれることはあり得ません。

金融にとってはビジネスの一環ですので、偽りの申請をする人間にお金は貸せませんし、信用できない人間だと判断されてしまいます。社会の中でも偽りばかりを述べる人間は信用されないように、借入時にもそれは大きな影響をもたらす要素です。

年収に関わる偽りや氏名などの個人情報の偽り

0-34

カードローン審査の申し込みをするにあたり、年収に関わることや、申込者の個人情報で、つい嘘をついてしまうケースもあります。金融機関は収入で貸し出しの金額を決めているので、年収が少ない人と多い人では、借り入れの上限金額が異なるためです。

すこしでもたくさんの借入をしたいがために、例えば本当は年収が200万円なのに、年収を500万円と申請をしたりと、大きく出てしまいます。職業や資格によっても収入は様々ですが、低い数入の場合は申し込みをしても、パスしないかもしれないという、不安の気持ちから偽ってしまう人もありますが、これはよくありません。

金額的に50万円以上の借入での申込であれば、金融機関から収入証明書の提出が求められるので、その照会で確実にわかってしまいます。借入金額が50万円以下であれば、収入を証明する書面も不要なため、ばれることはないと思うのは誤りです。

申込書の情報はあらゆる角度からチェックをされるので、本人の住まいと年収とのバランスが釣り合っていなければ、それを不振と思われます。アパートや安い賃貸に住んでいるのに、申込書には高額な年収が書いてあった場合、確実に怪しまれるので、たとえ50万円以下でも収入証明書の提出を求められることはありますし、その後はばれるだけです。

身分証明書をほかの人の物のように偽造をして利用をしても、確実にわかってしまいます。ほかにも借金があるため申し込みで、それがばれると不利になると考えての行為であったり、金融での問題を起こした過去があるなど、年齢や名前など個人情報を偽る理由は様々です。

年齢で偽るというのは、本来は申し込みができない年齢に達しているため、仕方なく偽るという事もありますが、それでもわかってしまいます。

他社からの借入や件数などは絶対にごまかせない

0-36

カードローン審査で嘘をついて、他社からの借入はないか、ほかでは契約なしとしていても、借り入れ状況をごまかすことはまずできません。ほかの金融機関でもたくさんの借入をしていて、すでに総量規制に引っかかりそうなために偽ってみたり、不利になると考えることもあるためです。

確かにほかに借金があるよりはないほうが良いですし、他社よりの借入金額が多いよりは、少ないほうが良いに決まっていますが、偽ること自体が問題です。一言も引他社に借金があることを話してはいないのに、なぜわかってしまうかですが、すでに借入状況が信用機関に記録をされているからにほかなりません。

借入額が多いという記録が残っているのに、ほかの借入している金融会社の数が少ないというのも、怪しいと感じられるので偽りは通じないです。何社もの会社から借金があって、件数的にも多いのはもちろん不利ではありますが、借入額が年収の三分の一にいってはいないこと、借り入れの会社も3社未満だったら、審査に落ちない可能性があります。

申し込みをする際にあらゆる偽りは、結果的に自分にとって何一つメリットにはなりません。借り入れ申し込みをする人よりも、カードローン会社の方が何倍も知識や疑いをかけるまなざしのレベルは高いですし、すでに何千人ものチェックををしてきています。

プロフェッショナルの鋭いチェックが入るのですから、いくら上手に偽ったつもりでも、ことごとく偽りは暴かれてしまいますし、余計に自分にとって不利になるばかりです。